DATE: 2013/12/27(金)   CATEGORY: たま日記
もはやどうすればよいのか たま日記(2013.12.27)
今日は御用納めの楽しい日のはずが、私は午後休で帰ってきました。

子守です。

医者にも連れて行き、せめてゆっくり酒を飲もうと、

今夜は無礼講とカイ君に紙ちぎりを許していると、

先日買ってあげた塗り絵まで破く姿に、

自閉症に無礼講は通じないないと、

注意してするも聞かないので、

ここ数日流行りの罰の正座をさせて、トイレに行き戻ると、

反省の様子もなくまた紙ちぎり。

ゴミを拾えと執行猶予を与えてやるも・・・働かず。

堪忍袋の緒がきれた~・・・・

紙をちぎって山盛りにする台(トランポリ)を、壊して捨てるしかない。

怒り狂った私は怒りの鉄拳をトランポリンに・・・・

酒を4合飲んだ後だとはいえ、それほど愚かではない。

鉄のこぎりを持ってきて真っ二つ!

更に切ろうとしたら刃が折れた。

それでもカイ君は、ぼ~っとしてゴミを全部拾わない。

もはや、教育を一切せずペットとして育てればよいのか?・・・それは罪にならない。

スパルタ教育をして虐待もどきをすれば・・・刑務所行きだ。

馬鹿につける薬はないというが・・・もしかして昔から自閉症の子供はいたのであろうか?

さて、本人のために、何が一番良いのか??

たぶん誰にもわからないであろう。

優等生の意見なら、私にもわかる。

「 何度も何度も注意して、言葉がわからないのら、身振りや絵カードも交えて・・・・ 」

をっと、先日、観音様が現れたのをすっかり忘れていた(その話は後日)。

慈悲、慈悲・・・・慈悲の心では汚れた部屋は綺麗にならない。

おかしな息子はお利口にならない。

信仰とは奇跡が起こるものなのか?

それとも、忍耐力が増すものか?

もともと信仰心は薄いので深くは考えないが。

部屋の掃除は10分で終わる。

ということは、この怒りは、やはりバカ息子へのいらだちが原因なのか?

それとも御用納めなのに酒が足りないのか?

忍耐?・・・何事にも必要以上に必要となるいらだちのせいであろうか。

自閉症の子供を持つということは、来年も大変なのである。

ことしは、無事仕事を終えた。

運がよかったのであろう。

来年の今日はどんな御用納めなのか。

たかだか365日後のことだ。

長いのか短いのか。

それは、来年の私でないとわからない。

とうのカイ君は、ゴミ袋を3重4重にいぼ結びにして遊んでいる。

ようやくほどいて、ゴミを拾えと指示しても、またゴミ袋をしばって遊んでいる。

古代スパルタの国なら、とうに削除されていたであろう。

無駄な税金を使わないための施策なのだといわれれば、親としても反論の余地もない。

それほどに、重度自閉症のうえに支援学校でビリのレベルといえば、

これほどのものかと驚かされるのが現状である。

紙ちぎりのゴミを拾うまで、布団をしかずにおこう・・・明日から休みだ。


 ⇒続き





QLOOKアクセス解析

いつもご訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。↓ワンクリックで応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 子育ち日記. all rights reserved.