DATE: 2013/12/30(月)   CATEGORY: スピリチュアル
植物にも魂(観音様編) 道草第56食2膳目
・・・⇒1膳目の続き・・・

時は流れて、先週の3連休・・・

伯母は東京に遊びに行ってしまい・・・私はパワーアップしたカイ君とデスマッチ。

実家に行き、ジーに少し見てもらって昼寝でもと思うと、

台所で、二人で怪しい行動・・・・

料理をできないジーが、油を火にかけて大学芋を作る木らしい・・・ぷ!

作る気らしい・・・危ないから注意すると、

カイ君が作れと、クレーン動作(話せない子が人の手を動かして意思を伝える)で、

ジーを動かしたようだ!

カイ君にとってジーは、鉄人28号(古い・・・)か、ガンダムのようだ。

伯母が作る作り方を見て覚えたようだが、危なすぎる。

火を消して、ジーが切った薩摩芋を更に薄くし、

レンジでチンしてから、醤油と砂糖を炒めてからめて、ごまかした。

もはやジーを注意しても限界があるため、

出かけるときは芋を隠せと後で伯母を注意した。

三連休の3日目の午後、やっと伯母が帰って来たその時の様子は、

「⇒先日のクリスマスの記事」のとおりであるが、

その日私に残された自由時間は2時間半・・・・

さて、何をしようかと考えながら、鬱陶しい木に目が行った。

ぶった切ってやる!・・・もちろん剪定なのだが、

1年前に切った時よりも更にショートヘアーにと、

忙しさの怒りを木にぶつけてしまったのだ。

2.5mほどの木が2m未満に縮んだのは予定外だったが。

なぜなら、1本の枝を切ったとたんに恐ろしく空間があいたのである。

重要な枝であったに違いない(笑)。

そうなると、その長さまで詰めねばならぬ。

上を詰めれば、更に周りも・・・5束の枝とゴミ袋の大が一つ。

怒りをエネルギーに体は動き続けた。

カイ君を迎えに行った時にはすでに、両腕で筋肉痛が始まっていたが。

さて、問題は、切り終えて枝を束ねていた時のことである。

枝を切られてスッキリした木が御礼をしたかったのか、

それとも私の怒りを沈めたかったのか、

木が発した木は・・・・こんな時に洒落を言っている場合ではない。

普通に説明すると、その木が観音様に見えたのだ!

絵に描いた観音様とは違うが、

木の曲がり方と肌つやに日の光が加わり、

残りの枝と葉も調和して、

ビックリするほどあたたかい気(オーラ)を一瞬だけ発したのであった。

そもそも私の霊感は、今年はほとんど働かなかったのだが・・・

今年の最後で今ままで経験したことのない、

幸福系のエネルギーを感じ得たのである。

それは12月23日!

赤穂浪士の討ち入りの日(14日)でもなく、

クリスマスイブには1日早く・・・天皇誕生日だったのね~(無知を反省)。

天皇誕生日ということはルーツをたどれば天照大神!・・・

に直結するのは無理がありそうだ。

オーラを感じた時に脳裏に浮かんだのは「 観音様 」・・・

私の愚かな人間性ではこれ以上の解釈はできないが、

自分で訳した過去記事の「⇒妄想的般若心経」が思い出された。

やはり、あれは守護霊様が訳されたのであろう。

反省・・・・いや、反省が足りない。

その数日後には、

こんな事(過去記事⇒「もはやどうすればよいのか」)になっていた・・・・。

来年が思いやられる。





QLOOKアクセス解析

いつもご訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。↓ワンクリックで応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


関連記事

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 子育ち日記. all rights reserved.